contents-ue_r5_c2.png(8203 byte)



Swissbiomechanics(スイスバイオメカニクス社)は、研究成果を目的としたETH(スイス連邦工科大学チューリッヒ校)との合弁事業部門です。スイスバイオメカニックス社は、ETHと協力関係にあり、特にこの大学の運動解析研究室とは、密接な関係を築いています。この研究室の研究部長であるDr. A. Stacoff 教授は、生体力学における識別、特にインソール・エビデンスの歩行解析と研究分野においては、一流の科学者です。


evi-01.gif(15694 byte) evi-02.jpg(20143 byte)
ETHチューリッヒの建物と市街地
主な目的

運動解析実験研究室は、歩行、階段の上り下り、ランニングなど人体(筋肉・骨格系)の運動を定量化することを目的としています。特に、(1) 病理の健常人との比較、(2) 装具(人工装具、足装具、靴)を長・短期間装着したときの変化を常に解明しています。


evi-03.gif(69088 byte)
チューリッヒのサイエンスパーク


evi-04.gif(48703 byte) evi-05.gif(44252 byte)
evi-06.gif(41403 byte) evi-07.gif(46094 byte)


方針

上記目的を達成するため、光学的3D測定装置の標準手法を用い、筋肉・骨格系の動きを運動力学的に解明します。同時に、脚の複数の筋肉のEMG信号を電極とテレメトリ装置で捕獲し、5個の力点プレートで歩行しているときの力学的情報を収集する。人体の所定の構造にかかる内部負荷が求められる逆ダイナミックモデルに関する情報がこの試験から得られます。

このアプローチを確立した後で、次に2つの新しい方法、即ち歩行しているときの膝のインプラントの動きを捕獲できる移動型X線透析装置と、足の骨とその屈曲をインビボで3D描画ができる磁気共鳴イメージング(MRI)が開発されています。